※当サイトはアフィリエイト広告による収益を得ています。

ツクモ、新ハイエンドRyzen Threadripper7000搭載WS「WX9A-X237/WB」 

TSUKUMOは、「WX9A-X237/WB、WX9A-W237/WB」を販売します。

Ryzen Threadripper 7000搭載可能ワークステーション
Ryzen Threadripper 7000モデルの特徴
・革新的アーキテクチャZen4採用、Ryzen Threadripper 7000を搭載
・高性能マザーボード『ASUS Pro WS TRX50-SAGE WIFI』を採用
・高品質で安定性に定評のある、メジャーチップメモリを採用
・PCケースは、Corsair製『4000D Airflow』を採用
・効率的なエアフローのために最適化されたフロントメッシュ
・フロントには、Noctua製の120mm3連ファンを搭載
※特徴は、2023年12月時点となり、変更されている可能性あり

レビュー
2023年12月発売モデル「WX9A-X237/WB、WX9A-W237/WB」では、
11月発表の「Ryzen Threadripper 7000」を搭載します。

HEDT(ハイエンドデスクトップ)は、2019年発表「3000(Zen2)」以来、4年ぶりの刷新で、(Zen3をスキップし)Zen4への刷新のため、劇的な性能向上を実現します。

CPU性能比較(Cinebench 2024 マルチ/シングルスレッド)
Ryzen Threadripper 7980X 64コア128スレッド/最大5.1GHz:5400/113
Ryzen Threadripper 7970X 32コア64スレッド/最大5.3GHz:3600/116
Ryzen Threadripper 7960X 24コア48スレッド/最大5.3GHz:2700/115
Ryzen Threadripper 3990X 64コア128スレッド/最大4.3GHz:3300/75
Ryzen Threadripper 3970X 32コア64スレッド/最大4.5GHz:2200/77
※ベンチマークは、比較用の基準値となり、当機種のスコアではありません。

詳細・購入はこちら
Ryzen Threadripper 7000搭載可能ワークステーション

広告・PR