HP、40%以上の性能向上16スレッドCore i7-10700F・RTX2060SUPER搭載可能クリエイターパソコン「HP ENVY Desktop TE01-1000jp」 

日本HPは、「HP ENVY Desktop TE01-1000jp」を発売します。
icon icon
HP ENVY Desktop TE01-1000jp icon
(第10世代Core)
特徴
・フロントベゼルに、排熱効果を高めるサーマルルーバーを採用
・40%大型化したヒートシンクにより、28.9~32dbAの静寂性を実現
・最新のマルチコア、第10世代インテルプロセッサーを搭載
・最新のTuringアーキテクチャを採用した、NVIDIA GeForceシリーズを搭載
・高速2933MHzで動作するDDR4メモリを搭載(Core i7モデル)
・起動が早いSSD、大容量HDDのデュアルストレージ構成を選択可能

レビュー
「TE01-1000jp」は、動画や画像の編集など、クリエイティブ用途向けに設計された、ハイスペッククリエイターパソコンです。

CPUには、クリエイティブ用途に最適な本命「Core i7」に加え、
CPU性能を重視しないなら、安価な「Core i5」も選択できます。

CPU性能比較(Cinebench R20 マルチ/シングルスレッド)
第10世代Core i7-10700F 8コア16スレッド/2.9-4.8GHz:4800/500
第10世代Core i5-10400F 6コア12スレッド/2.9-4.3GHz:3200/450
第9世代Core i7-9700 8コア8スレッド/3.0-4.7GHz:3400/490
(2017年)Core i7-7700 4コア8スレッド/3.6-4.2GHz:2100/410

グラフィックスには、レイトレ対応や高いAI性能「RTX2060 SUPER」に加え、
専用コアを省いた安価な「GTX1660 SUPER」、下位「GTX1650 SUPER」も選択できます。

GPU性能比較(3DMark Time Spy Graphics)
GeForce RTX2060 SUPER8700
GeForce GTX1660 SUPER6000
GeForce GTX1650 SUPER4800
GeForce GTX1650:3700
(2016年)GeForce GTX1080:7,300
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

新モデルでは
「1000jp」では、CPUを2020年5月発表「第10世代Core(CometLake)」に刷新。
「Core i7/i5」ともに、HT解禁と動作クロック向上により、クリエイティブ用途で重要な『マルチスレッド』性能を40%以上向上させています。

Core i7モデルでは、メモリ速度が2666MHz→2933MHzと高速化します。
下位グラフィックスが「GTX1650」→『GTX1650 SUPER』となり、性能向上です。

詳細・購入はこちら
HP ENVY Desktop TE01-1000jp icon
(第10世代Core)