レノボ、高性能Core i7-9750H・GeForce GTX1650 Max-Q搭載ノートPC「Yoga S740 (15)」 

レノボは、「Yoga S740 (15)」を発売します。

Yoga S740 (15)
(第9世代Core・15.6型スリムノート)
特徴
・6コアCPUの第9世代インテルCoreプロセッサーを搭載
・高性能グラフィックス、GeForce GTX1650(Max-Q)を搭載
・アルミニウムを使用した、プレミアムでコンパクトなデザイン
・最大約15.6時間の長時間バッテリー駆動、急速充電にも対応
・ハイクオリティな映像表示、Dolby Vision、HDRに対応
・臨場感のあるオーディオ、Dolby Atmos対応のステレオスピーカー

レビュー
「Yoga S740 (15)」は、動画像編集にも適する、高性能CPU、GPU、15.6液晶などを搭載しつつ、最薄部17.7mmの薄型デザインを魅力とする、プレミアムノートです。

薄型軽量、バッテリー駆動時間が魅力ですが、光学(DVD他)ドライブは非搭載です。

新モデルでは
CPUに、最新「第9世代Core(TDP45W)」を搭載し、高いCPU性能を実現します。
「第10世代Core(TDP15W)」に対し、省電力性は劣りますが、高いCPU性能です。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第9世代Core i7-9750H 6コア12スレッド/2.6-4.5GHz:約1180/180
第10世代Core i7-1065G7 4コア8スレッド/1.3-3.9GHz:約720/180
(2013年)Core i7-4700HQ 4コア8スレッド/2.4-3.4GHz:約630/130

グラフィックスも、薄型ノートながら専用GPU「GeForce GTX1650 Max-Q」を搭載します。
2倍超えの性能向上「G7」から、さらに数倍単位で高性能となります。

GPU性能比較(3DMark Time Spy Graphics)
GeForce GTX1650 Max-Q約3,000
(2017年)GeForce GTX1050:約1,600
Intel Iris Plus Graphics G7:約900
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

詳細・購入はこちら
Yoga S740 (15)
(第9世代Core・15.6型スリムノート)