デル、軽快なRyzen 7-3700U搭載可能15インチエントリーノート「Inspiron 15 3505」 

Dellは、「Inspiron 15 3505」を販売します。

Inspiron 15 3505
(15インチ・Ryzen3000)
特徴
・応答性と静音性に優れた、PCIe NVMe SSDを標準搭載
・広範囲のマルチメディア機能をサポート、AMDプロセッサーを搭載
・持ち運びが簡単、旧世代と比べて約9.21%軽量化(最小重量1.83kg)
・2辺の狭額縁で画面を拡大することで、広がりのある視覚体験を実現
・HDMIポート、SDカードスロット、USB3.2 Gen1などを、標準搭載
・簡単かつセキュアなログイン、指紋認証リーダーを選択可能

レビュー
「Inspiron 15 3505」は、低価格を魅力とする、ベーシックな15.6型エントリーノートです。

価格重視のエントリーモデルながら、PCの遅さの原因だった「HDD」ではなく、超高速「SSD」を標準搭載し、OSやソフトの起動面の高速化を実現します。

「Ryzen」モデルは、最低8GBメモリ、フルHD液晶と必要十分な機能性能ですが、
「Athlon」モデルは、4GBメモリ、HD液晶と、明確に劣ります。

CPU性能比較(Cinebench R20 マルチ/シングルスレッド)
Ryzen7 3700U 4コア8スレッド/2.3-4.0GHz/15W:1500/365
Ryzen5 3500U 4コア8スレッド/2.1-3.7GHz/15W:1430/350
Ryzen3 3250U 2コア4スレッド/2.6-3.5GHz/15W:750/300
Athlon Silver 3050U 2コア2スレッド/2.3-3.2Hz/15W:460/250
AMD A9-9425 2コア2スレッド/3.1-3.7GHz/15W:280/160
※ベンチマークは、比較用の基準値となり、当機種のスコアではありません。

新モデルでは
2020年9月発表「3505」では、軽量化した新筐体を採用します。

基本性能も、「Ryzen/Athlon」に刷新し、従来の「A9」などが根本的な性能不足でもあり、劇的な性能向上を実現し、低価格でもパソコンらしい性能を確保します。

詳細・購入はこちら

Inspiron 15 3505
(15インチ・Ryzen3000)