Lenovo、シングルのCore i7-1165G7・マルチのRyzen7-4800U搭載可能15.6型ノートPC「ThinkBook 15 Gen 2」 

レノボは、「ThinkBook 15 Gen 2」を発売します。

ThinkBook 15 Gen 2(第11世代インテル)
ThinkBook 15 Gen 2 (AMD Ryzen4000)
(15.6型コスパ重視ノート)
特徴
・高いシングルコア性能を実現、「インテル第11世代Core」搭載モデル
・高いマルチコア性能を実現、「AMD Ryzen 4000」搭載モデル
・15.6型 フルHD IPS液晶を4辺狭額縁のコンパクトな筐体に搭載
・ビジネスユーザーを満足させる、デュアルトーンのエレガントデザイン
・高速で信頼性の高い通信、Wi-Fi6に対応
・ビジネスの情報を保護するさまざまなセキュリティ機能を標準搭載
レビュー
「ThinkBook 15」は、上位「ThinkPad」シリーズに対し、コストパフォーマンスの高さを最も重視する、15.6型ノートPCです。

高い堅牢性やセキュリティ機能は、上位「ThinkPad」シリーズを継承しますが、
本体の薄型軽量化、バッテリー駆動時間などは劣り、トラックポイントも非搭載です。

「インテルCPU」モデルでは、TDP28Wに設定された「第11世代Core」となり、
多くの一般用途で重要なシングルコア性能、内蔵グラフィックス性能で優れます。

CPU性能比較(Cinebench R20 マルチ/シングルコア)
第11世代Core i7-1165G7 4コア8スレッド/2.8-4.7GHz/28W:2100/570
第11世代Core i5-1135G7 4コア8スレッド/2.4-4.2GHz/28W:2000/515
第11世代Core i3-1115G4 2コア4スレッド/3.0-4.1GHz/28W:1200/485
第10世代Core i7-1065G7 4コア8スレッド/1.3-3.9GHz/15W:1550/450

「AMD APU」モデルでは、8コア16スレッドを選択可能「Ryzen 4000」となり、
クリエイティブ用途で重要なマルチコア性能、バッテリー駆動時間で優れます。

CPU性能比較(Cinebench R20 マルチ/シングルコア)
Ryzen7 4800U 8コア16スレッド/1.8-4.2GHz/15W:3200/475
Ryzen7 4700U 8コア8スレッド/2.0-4.1GHz/15W:2700/465
Ryzen5 4600U 6コア12スレッド/2.1-4.0GHz/15W:2450/445
Ryzen5 4500U 6コア6スレッド/2.3-4.0GHz/15W:2250/445
Ryzen3 4300U 4コア4スレッド/2.7-3.7GHz/15W:1500/425
(2017年)Core i7-7500U 2コア4スレッド/2.7-3.5GHz/15W:730/350
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

新モデルでは
2020年10月発表「Ge2」では、4辺狭額縁デザインを採用し、薄型・軽量・コンパクト化した新筐体に一新です。「Wi-Fi6」など、最新規格も順当に新搭載です。

基本性能も、特にシングルコア性能、グラフィックス性能が劇的向上「第11世代Core」、モバイルでも8コア16スレッドを実現可能「Ryzen4000」を新搭載です。

詳細・購入はこちら
ThinkBook 15 Gen 2(第11世代インテル)
ThinkBook 15 Gen 2 (AMD Ryzen4000)
(15.6型コスパ重視ノート)