レノボ、Zen3採用のRyzen5000G搭載デスクトップPC「IdeaCentre 560」 

Lenovoは、「IdeaCentre 560」を販売します。

IdeaCentre 560
特徴
・一段高いパフォーマンス、AMD Ryzen 5000Gプロセッサーを搭載
・最大16GBのDDR4メモリを搭載
・レスポンスに優れるSSD、低価格大容量HDD搭載モデルを選択可能
・インテリアとの調和、淡いミネラルグレーのミニマルな筐体
・前面に、各種USBポート、メディアカードリーダーなどを搭載
・背面に、有線LAN、HDMI、VGA、オーディオポートなどを搭載
レビュー
「IdeaCentre 5シリーズ」は、一般家庭向け(ネット閲覧、動画再生、文書作成など)に最適な性能を、スタイリッシュデザイン筐体に搭載しつつ、高いコストパフォーマンスを魅力とします。

「560」では、『AMD Ryzen 5000G』を搭載し、6年ぶりの刷新「インテル第11世代Core」に対しても、コンテンツ作成やゲーミング性能で上回ると謳います。

CPU性能比較(Cinebench R20 マルチ/シングルスレッド)
Ryzen7 5700G 8コア16スレッド/3.8-4.6GHz/65W:5400/580
Ryzen5 5600G 6コア12スレッド/3.9-4.4GHz/65W:4500/570
Ryzen3 5300G 4コア8スレッド/4.0-4.2GHz/65W:
Ryzen7 4700G 8コア16スレッド/3.6-4.4GHz/65W:4700/495
Core i7-11700 8コア16スレッド/2.5-4.9GHz/65W:5500/600
(2017年)Core i7-7700 4コア8スレッド/3.6-4.2GHz/65W :2100/410
※ベンチマークは、比較用の基準値となり、当機種のスコアではありません。

新モデルでは
「2021年5月発表モデル」となり、『Ryzen5000G』を搭載し、発売です。
※同時期に「第11世代Core」モデルも発表。

詳細・購入はこちら

IdeaCentre 560(AMD Ryzen 5000G)
IdeaCentre 560i(第11世代インテル)