日本HP、第4世代Coreプロセッサー新搭載スリムデスクトップPC「HP Pavilion Slimline 400-220jp/CT」 

日本HPは、「HP Pavilion Slimline 400-220jp/CT」を発売します。
icon icon
HP Pavilion Slimline 400-220jp/CT icon
(スリムタワーPC)

HP Pavilion Slimline 400-220jp/CTの特徴
・幅約10cm 置き場所を選ばないコンパクトボディ
・使いやすさと飽きのこないシンプルさを追求したデザイン
・優れた性能 & 低消費電力の第4世代インテル Core プロセッサーを搭載
・大容量 最大16GBメモリ&3TB HDDを搭載可能
・高性能グラフィックスカードを搭載可能

レビュー
インテルCPUを搭載するスリムタワーPCです。

Pavilion Slimline 400シリーズは、大柄なミニタワー型と比較して、選択できるグラフィックスカードや拡張性は劣りますが、省スペースで設置することができます。
スリムタワーでは、CPUにはハイスペックなCore i7を選択できる一方、搭載できるグラフィックカードが限られるため、グラフィックスを重視する場合は、ENVY 700シリーズなどハイスペックなグラフィックカードを搭載できるミニタワーPCからの選択することになります。

2013年冬モデルの220jpでは、CPUが第3世代Coreプロセッサー・ファミリーから最新の第4世代Coreプロセッサー・ファミリーに刷新され、最新OSのWindows 8.1を新搭載し、基本性能が向上しています。
また、カスタマイズのオプションに、NVIDIA GeForce GT635グラフィックスを選択できるようになっています。

詳細・購入はこちら
HP Pavilion Slimline 400-220jp/CT icon
(スリムタワーPC)