日本HP、最新第4世代Coreで基本性能が向上したデスクトップPC「HP Pavilion 500-140jp/CT(2013年冬モデルパソコン)」 

日本HPは、「HP Pavilion 500-140jp/CT」を発売します。
icon icon
HP Pavilion 500-140jp/CT icon
(コストパフォーマンスミニタワー)

HP Pavilion 500-140jp/CTの特徴
・使いやすさとデザイン性を両立した新ミニタワー筐体
・最新の第4世代インテル Core プロセッサーを搭載
・最大16GBメモリまで選択可能
・大容量3TB HDDを選択可能
・高性能グラフィックスカードを選択可能
・快適さをサポートする、豊富なソフトウェアを選択可能

レビュー
インテルCPUを搭載するミニタワーPCです。

Pavilion 500シリーズは、とにかく安くカスタマイズしたり、ハイスペックにカスタマイズしたり、予算や目的に合わせた幅広いカスタマイズが魅力となります。

2013年冬モデルの140jpは、夏モデルの040jpに比べ、基本性能が第3世代Coreプロセッサー(IvyBridge)から最新の第4世代Coreプロセッサー(Haswell)に刷新され、基本性能が向上しています。
搭載プロセッサーは、2コア/4スレッドのCore i3-4130、4コア/4スレッドのCore i5-4440、4コア/8スレッドのCore i7-4770から選択できます。

なお、OSは前世代「Windows 8」が標準搭載されますが、タッチ非対応デスクトップでの使い勝手が向上した現行OS「Windows 8.1」へは、無償アップグレードが可能です。

詳細・購入はこちら
HP Pavilion 500-140jp/CT icon
(コストパフォーマンスミニタワー)