デル、IvyBridgeベースのCeleron G1610、Pentium G2020搭載可能スリムタワーPC「Inspiron 660s(2013年春パソコン)」 

デルは、「Inspiron 660s」を発売します。

Inspiron 660s
(省スペース・エントリーマシン)

Inspiron 660sの特徴
・高さ26.5 cm、幅10 cmのコンパクトボディ
・IvyBridgeベースのインテル Celeron プロセッサー G1610を搭載可能
・最大8 GBのDDR3メモリを選択可能
・USB3.0を2基、USB2.0を6基、HDMIなど多数のポートを搭載
・大容量のHDDを選択可能
・5色のカラーバリエーション

レビュー
インテル製CPUを搭載する省スペース型デスクトップパソコンです。

Inspironシリーズは、パソコンとしての基本性能を搭載しつつ、コストパフォーマンスに優れていることが最大の魅力です。

660sは、タワー型と比べ、拡張性は劣るも設置性で優れ、エントリーモデルらしく、コストパフォーマンスが優れていることが魅力となります。

2013年春では、カスタマイズで選択できる「Officeソフト」が、2月7日発売の「Office 2013」に刷新されています。

そして、1月に発表されたIvyBridgeベースのCeleron G1610やPentium G2020など、最新CPUを選択できるようになっています。

詳細・購入はこちら
Inspiron 660s
(省スペース・エントリーマシン)


サイト内
デル 最新モデル