日本HP、最新超ハイエンドCore i7-3970X EE搭載可能ミニタワーPC「HP ENVY h8-1580jp/CT(2013年春モデルパソコン)」 

日本HPは、「HP ENVY h8-1580jp/CT」を発売します。

HP ENVY h8-1580jp/CTの特徴
・「インテル Core i7-3970X プロセッサー エクストリーム エディション」を選択可能
・ハイエンドのNVIDIA GeForce GTX680を選択可能
・超高速6G/bps 対応SSDを選択可能
・洗練されたエレガントなデザイン、革新的かつシンプルな設計
・HP ならではの逆倒立設計のマザーボードにより、エアフローを最適化
・本体上部の「タワートップ・トレー」部分に、USB3.0×2 を配置

レビュー
インテル最上位CPUを搭載するミニタワーPCです。

h8-1580jpは、ハイエンドのX79 Expressチップセットに、IvyBridge上位の「Sandy Bridge-E」を搭載するハイエンドクラスのモデルで、3Dゲームや動画編集などをより快適に行うことができます。
そして、SSDを選択することで、OSやアプリの起動などで、高速化を実現することができます。

2013年春モデルでは、2012年秋冬モデル(h8-1480jp)に比べ、コンシューマー向けCPUのフラッグシップを約1年ぶりに更新する最新フラッグシップCPU「Core i7-3970X Extreme Edition」を選択できるようになっています。
そして、標準搭載のグラフィックスが、2013年1月発表のRadeon HD8760となり、カスタマイズのオプションに、パーティション設定サービスが追加され、選択できるようになっています。

そして、最新のAdobe Photoshop Elements11/Adobe Premiere Elements11を、選択可能となっています。

詳細・購入はこちら
HP ENVY h8-1580jp/CT icon(インテル最上位CPU搭載)


サイト内
日本HP 最新モデル