日本HP、省スペースデスクトップPC「HP Pavilion Slimline s5-1450jp/CT(2012年秋冬モデル)」 

日本HPは、「HP Pavilion Slimline s5-1450jp/CT」を発売します。

HP Pavilion Slimline s5-1450jp/CTの特徴
・最新OS「Windows 8(64bit)」を搭載
・幅約100mmを実現したスリムなボディで省スペースを実現
・第3世代インテル Core プロセッサー「Ivy Bridge」を搭載可能
・NVIDIA GeForce GT630を選択可能
・3波ダブル地デジTV チューナー(高画質 15倍W録画対応)を選択可能

レビュー
インテルプロセッサを搭載するスリムタワーPCです。

1450jpは、大柄なミニタワー型と比較して、選択できるグラフィックスカードや拡張性は劣りますが、省スペースで設置することができます。
CPUはハイスペックなCore i7を選択できる一方、搭載できるグラフィックカードが限られ、3Dゲームなどには適さないので、GPUパフォーマンスを重視する場合は、上位のミニタワーPCから選択することになります。

2012年秋冬モデルでは、10月26日発売の最新OS「Windows 8」が搭載されます。
また、選択できるBTOメニューが一部改訂されていて、名称が「Pavilion Slimline」に変更されています。

詳細や購入はこちら
HP Pavilion Slimline s5-1450jp/CT icon
(スリム・プレミアムPC)