レノボ、飛躍のAMD Ryzen Mobile搭載ビジネスノートPC「ThinkPad E585(2019年春PC)」 

レノボは、「ThinkPad E585(2019年春PC)」を発売します。

ThinkPad E585
(AMD Ryzen・15.6型スタンダードノート)
特徴
・パワフルな処理能力、AMD Ryzenプロセッサーを搭載可能
・優れたグラフィックス性能、Radeon RX Vegaを内蔵
・人間工学に基づいたキーボードを搭載
・狭いベゼルと薄く洗練されたデザインを採用
・鮮やかな映像の15.6型 FHD IPS液晶を選択可能
・重要なデータを守るセキュリティーチップ(TPM)を搭載

レビュー
「E585」は、主流・定番の「15.6インチ液晶」を採用するスタンダードノートの「AMD Ryzen」モデルです。

「インテル第8世代Core」との比較では、動画像編集などクリエイティブ用途や、複数作業の同時処理などで重要となる「マルチスレッド性能」で上回ります。

多くの一般用途で重要となる「シングルスレッド性能」は、インテルが強く、劣ります。
シングルのインテル、マルチのAMDとなり、どちらが良いかは用途次第と言えます。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチ・シングル)
Ryzen7 2700U 4コア8スレッド/2.2-3.8GHz:約620・140
Ryzen5 2500U 4コア8スレッド/2.0-3.6GHz:約580・135
Intel Core i7-8565U 4コア8スレッド/1.8-4.6GHz:約560・175
Ryzen3 2200U 2コア4スレッド/2.5-3.4GHz:約310・125
FX-9800P 4コア4スレッド/2.7-3.6GHz:約230・70

詳細・購入はこちら
ThinkPad E585
(AMD Ryzen・15.6型スタンダードノート)