2018年冬-2019年春PC、第9世代Core/新・第8世代Core、GeForce RTX20、日本HP、デル、レノボ、マイクロソフトを紹介しています。

レノボ、第8世代Coreで大幅性能向上・薄型軽量モバイルノートPC「ThinkPad T480s(2018年冬PC)」

レノボは、「ThinkPad T480s(2018年冬PC)」を発売します。

ThinkPad T480s
(最大第8世代Core・14.0型スリムハイパフォーマンスモデル)
特徴
・パフォーマンスが大幅向上、第8世代インテルCoreプロセッサー
・信頼性と高品質を確保する、厳しい品質テストを実施
・わずか 18.45 mm薄さ、約1.32kgの質量を実現
・約 1 時間で電源容量の 80% の充電が可能
・広色域で広視野角の14 型液晶を搭載
・より直観的で容易な操作、マルチタッチ液晶を選択可能

レビュー
「T480s」は、基本オフィス内での使用を想定しつつ、外出先での使用にも対応できる、高性能ビジネスノートPCです。
「T480(無印)」に対し、より薄型・軽量であることを魅力とします。ただ、セカンドバッテリーには対応しません。

高性能Tシリーズらしく、4コアCore i7・GeForce MX150・WQHD液晶など、パフォーマンスを追求させることが、可能です。

2018年モデルでは、第8世代Core搭載モデルが、発売
4コアとなり大幅性能向上「第8世代Core i7/i5」搭載モデルが、発売されます。
選択できるディスクリートGPUが、最新「GeForce MX150」となり、性能向上です。

そして、ドッキングステーションを側面に変更したことで、18.45mmの薄型筐体に刷新しています。また、USB Type-Cによる電源コネクターを採用します。

詳細・購入はこちら
ThinkPad T480s
(最大第8世代Core・14.0型スリムハイパフォーマンスモデル)