2018年冬-2019年春PC、第9世代Core/新・第8世代Core、GeForce RTX20、日本HP、デル、レノボ、マイクロソフトを紹介しています。

レノボ、4K液晶・GeForce MX150搭載可能ハイスペックノートPC「ThinkPad T580(2018年冬PC)」

レノボは、「ThinkPad T580(2018年冬PC)」を発売します。

ThinkPad T580
(最大第8世代Core・15.6型ハイパフォーマンスモデル)
特徴
・パフォーマンスが大幅向上、第8世代インテルCoreプロセッサー
・信頼性と高品質を確保する、厳しい品質テストを実施
・長時間の稼動を確保、ホットスワップ対応バッテリーを搭載
・高解像度で広視野角の15.6型 Ultra HD IPS液晶を搭載可能
・エルゴノミック・キーボードには、バックライトを搭載
・高性能のプロセッサーとグラフィックスを搭載可能

15.6型高性能ビジネスノートPC
「T580」は、オフィス内での使用を想定する、15.6型液晶搭載・高性能ビジネスノートPCです。

高性能Tシリーズらしく、4コアCore i7・GeForce MX150・4K液晶など、パフォーマンスを追求させることが、可能です。

2018年モデルでは、第8世代Core搭載モデルが、発売
4コアとなり大幅性能向上「第8世代Core i7」搭載モデルが、発売されます。
選択できるディスクリートGPUが、最新「GeForce MX150」となり、性能向上です。

そして、ドッキングステーションを側面に変更したことで、19.95mmの薄型筐体に刷新しています。また、USB Type-Cによる電源コネクターを採用します。

詳細・購入はこちら
ThinkPad T580
(最大第8世代Core・15.6型ハイパフォーマンスモデル)