2018年冬-2019年春PC、第9世代Core/新・第8世代Core、GeForce RTX20、日本HP、デル、レノボ、マイクロソフトを紹介しています。

レノボ、4コア第8世代Coreで性能向上可能な新スタンダードノート「ThinkPad E580(2018年モデルPC)」


ThinkPad E580
(第8/7世代Core・15.6型スタンダードノート)
特徴
・クアッドコアの第8世代インテルCoreプロセッサーを選択可能
・高速にファイルにアクセスできるM.2 PCIe SSDを選択可能
・USB3.1 Type-C (Video-out 機能付き)、USB 3.0などを搭載
・人間工学に基づいたキーボードを搭載
・狭いベゼルと薄く洗練されたデザインを採用
・TCG V2.0準拠のセキュリティチップ(TPM)を搭載

定番ノートの2018年最新モデル
2018年モデル「E580」は、インテルCPUを搭載する、スタンダードなビジネスノートパソコンです。

新モデルでは、薄型軽量化し、ビジネスノートのデザイン性を向上させています。
ただ、光学(DVD)ドライブは、省かれています。

2018年モデルでフルモデルチェンジ
前モデル「E570」に対し、200gの軽量化、5.45mmの薄型化した、新筐体(デザイン)に一新しています。
※光学ドライブを省いた結果、大幅な薄型化となります。

そして、4コア化で大幅性能向上「第8世代Core i7/i5」を搭載できます。
※下位モデルは、明確に劣る旧世代CPU「第7世代Core」となります。

詳細・購入はこちら
ThinkPad E580
(第8/7世代Core・15.6型スタンダードノート)