日本HP、Windows 7搭載モデル復活・ハイスペックデスクトップPC「HP ENVY 700-270jp/CT(Windows 7・2014年春モデルPC)」 

日本HPは、「HP ENVY 700-270jp/CT(Windows 7)」を発売します。
icon icon
HP ENVY 700-270jp/CT(Windows 7) icon

HP ENVY 700-270jp/CT(Windows 7)の特徴
・Windows 7 Professional を標準搭載
・第4世代インテルCoreプロセッサーを搭載
・先進のグラフィックスカードを搭載可能
・HPならではの逆倒立設計のMicro ATXマザーボードを採用
・効率的なエアフローを実現
・ツールレスでアクセス可能で3台まで拡張可能なストレージベイや多彩なPCIeスロット

レビュー
インテル製CPUを搭載するミニタワーPCです。

ENVY 700シリーズは、HPのセパレートPCでは主力となるシリーズで、4コア/8スレッドのCore i7-4770や、高性能グラフィックスGeForce GTX760など、ハイスペックなカスタマイズに対応します。
そして、SSDを選択することで、OSやアプリの起動などで、普段使いでの高速化を実現することができます。

2014年春モデルとして発売される700-270jp/CT(Windows 7)は、2009年発売の旧OS『Windows 7 Professional (64bit)』を標準搭載します。
なお、発売から4年以上が経過した古いOSのため、7のサポート終了は2020年1月となります。

マウスでの操作が改善されたWindows 8.1を搭載するモデルも、引き続き販売されます。

詳細・購入はこちら
HP ENVY 700-270jp/CT(Windows 7) icon
HP ENVY 700-260jp/CT(Windows 8.1) icon

サイト内関連リンク
日本HP 最新モデル一覧