レノボ、第8世代Core i7-8650U×フラッグシップノートPC「ThinkPad X1 Carbon(2018)」 

レノボは、「ThinkPad X1 Carbon(2018年夏PC)」を発売します。

ThinkPad X1 Carbon
(最大第8世代Core・14.0型フラッグシップモデル)
特徴
・パフォーマンスが大幅向上、第8世代インテルCoreプロセッサー
・洗練されたスタイリッシュなデザインを採用
・WQHD解像度、高い輝度、広い色域のHDRディスプレイを選択可能
・1時間で電源容量の約80%の充電が可能
・インターネットに接続できる、LTEを選択可能
・次世代USB Type-Cポートを電源コネクターに採用

レビュー
「X1 Carbon」は、13型クラスのコンパクト筐体に、14型液晶を搭載する、クラムシェル(折畳み)型ThinkPadのフラッグシップモデルです。

2018年モデルでは、最大4コアとなった「第8世代Core」に刷新し、劇的な性能向上を実現します。

CPU性能比較(Cinebench R15)
第8世代Core i7-8550U 4コア8スレッド/最大4.0GHz:約580
第8世代Core i5-8250U 4コア8スレッド/最大3.4GHz:約540
第7世代Core i7-7500U 2コア4スレッド/最大3.5GHz:約340
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

2018年夏では
日本国内生産による、高い品質を魅力とする「米沢生産モデル」が、レノボショッピング限定で、発売開始しています。

詳細・購入はこちら
ThinkPad X1 Carbon
(最大第8世代Core・14.0型フラッグシップモデル)