レノボ、第7世代Core i7-7500U/i5-7200U搭載2017年モデル・フラッグシップノート「ThinkPad X1 Carbon」 

レノボは、「ThinkPad X1 Carbon」を発売しています。
特徴
・質量1.14 kg、厚さ16 mmの世界最小、最薄のビジネス向け Ultrabook
・強靭で超軽量なカーボンボディを採用
・きわめて高速なスピードを実現する Thunderbolt 3を搭載
・伝統のインターフェイスを踏襲

レビュー
2月発売「X1 Carbon(2017年モデル)」は、プレミアムノート「Xシリーズ」の中で、ベーシックなクラムシェル(折畳み)型を採用する、Ultrabookです。

2-in-1タイプやタッチ液晶が不要なら、より薄く、軽いボディが魅力となります。
そして、上位のCore i7-7500U、中位のCore i5-7200Uから、選択できます。

2017年モデルでは
2016年モデル(第6世代Core)に対し、最新の「第7世代Core」に刷新しています。
第6世代Coreをベースに、動画関連機能の強化や省電力性の向上を実現します。

CPU性能比較(Cinebench R10 マルチコア/シングルコア)
第7世代Core i7-7500U 2コア4スレッド/最大3.5GHz/:約12000/5600
第7世代Core i5-7200U 2コア4スレッド/最大3.1GHz:約11000/5000
第6世代Core i7-6500U 2コア4スレッド/最大3.1GHz:約10800/4900

そして、狭額縁の採用により、13インチモデルと同等のサイズを、実現します。
USB Type-C など、最新規格も搭載します。

詳細・購入はこちら
ThinkPad X1 Carbon

関連リンク
レノボ 最新モデル一覧