日本HP、Windows 8搭載2012年秋冬モデルパソコンを発表! 

日本HP、10月26日発売の最新OS「Windows 8」を搭載する、2012年秋冬モデルパソコンを発表しました。


※以下、直販モデルの特徴になり、店頭モデルとは異なります。

2012年秋冬モデルでは、
すべてのモデルに、タッチ操作に最適化された最新OSのWindows 8を搭載。

新シリーズでは、
キーボード部を取り外してタブレットとして使えるハイブリッドPC「HP ENVY x2」。
タッチ操作に対応する14インチUltrabook「HP ENVY TouchSmart Ultrabook 4」。
10点マルチタッチ操作に対応するオールインワンPC 「HP ENVY 20 TouchSmart All-in-One」が登場。

スタンダードノートPCでは、
「HP ENVY dv6-7200」にAMD APU搭載モデルが登場。
他モデルは、CPUやHDD容量の強化など、マイナーなアップグレード。
また、ブランド名がハイクラス「Spectre」、ミドルレンジ「ENVY」、エントリー「Pavilion」に整理。

デスクトップPCでは、
基本性能強化など、ノート同様にマイナーアップグレード。

10月26日のWindows 8発売まで2週間となり、12日は多くのメーカー・ショップからWindows 8が発表され、管理人は追いつけていませんが、HPからも発表されました。

HPも、大手メーカーでは当たり前なのでしょうが、タッチ非対応PCも含めすべて8です。

そして、注目の「HP ENVY x2」は、日本での販売開始はクリスマス商戦期ではなく2013年1月と遅く、どちらかというと2013年春モデルパソコンといえるのかもしれませんね。

なお、モデルにより、すでに予約が開始されています。