Sky7パソコン.jp

ARTICLE PAGE

レノボ、最新Windows 10×米沢生産モバイルノートPC「ThinkPad X1 Carbon」

レノボは、「ThinkPad X1 Carbon」を発売します。

ThinkPad X1 Carbon
(14型・薄型軽量ノートブック)
特徴
・トップクラスの薄さ17.7mm、約1.3kg(最小構成時)の筐体
・最高のパフォーマンスを発揮する、PCIe SSDを搭載可能
・第5世代インテルCoreプロセッサー・ファミリーを搭載
・最大で、約17.8時間のバッテリー駆動を実現
・最大 WQHD(2560×1440)対応の14型IPS液晶を搭載可能
・ボタンが独立した「ThinkPad クリックパッド」を採用

レビュー
「ThinkPad X1 Carbon(2015年モデル)」は、新世代CPU「第5世代インテルCoreプロセッサー(Broadwell)」を搭載します。
第4世代比で3D性能や動画変換が大幅に高速化し、バッテリ駆動時間も向上しています。

そして、物理的な6列キーボードが復活し、トラックポイント用ボタンも、独立したハードウェアボタンに戻るなど、従来型ノートパソコンの良さを復活させています。

また、直販モデルでは、国内生産による信頼性が魅力となる「米沢生産」モデルを選択できます。

7月29日より:Windows 10を搭載
7月29日にリリースされた新世代OS「Windows 10」を初期導入するモデルが、発売されます。
なお、カスタマイズでは、前世代OS「Windows 8.1」、旧世代OS「Windows 7」も、選択できます(7/29時点)。

詳細・購入はこちら
ThinkPad X1 Carbon

関連リンク
レノボ 最新モデル一覧