日本HP、2014年Q3新登場インテルCPUで性能向上ミニタワーPC「HP Pavilion 500-440jp/CT(2014年冬モデルパソコン)」 

日本HPは、「HP Pavilion 500-440jp/CT」を発売します。
icon icon
HP Pavilion 500-440jp/CTicon
(スタンダードミニタワーPC)

HP Pavilion 500-440jp/CTの特徴
・使いやすさとデザイン性を両立したミニタワーPC
・最新の第4世代インテル Core プロセッサーを搭載
・エントリークラスのCore i3 プロセッサーを最新バージョンにアップデート
・大容量16GBメモリ& 3TB HDDを選択可能
・AMD Radeon R7 240 グラフィックスを選択可能
・快適さをサポートする、豊富なソフトウェアを選択可能

レビュー
インテルCPUを搭載するミニタワーPCです。

Pavilion 500シリーズは、とにかく安くカスタマイズしたり、ハイスペックにカスタマイズしたり、予算や目的に合わせた幅広いカスタマイズが魅力となります。

なお、上位のENVY 700(500W電源)に比べ、300W電源となるため、将来の拡張時などでは劣ります。


2014年冬モデルでは、CPUやグラフィックスなど、PCとしての基本性能が強化されています。

選択できる『CPU』では、2014年夏モデルの「Core i3-4130(3.4GHz・Haswell)」から、2014年Q3(7~9月)発売開始のインテル新CPU「Core i3-4160(3.6GHz・Haswell Refresh)」に刷新し、基本性能が強化されています。

なお、上位のCore i5-4460(4コア/4スレッド)とCore i7-4790(4コア/8スレッド)も、2014年5月に発売開始の最新世代「Haswell Refresh」です。

そして、選択できる『グラフィックス』が、「NVIDIA GeForce GT640」から、最新世代の「AMD Radeon R7 240」に刷新されています。

詳細・購入はこちら
HP Pavilion 500-440jp/CTicon

サイト内関連リンク
日本HP 最新モデル一覧