Sky7パソコン.jp

ARTICLE PAGE

日本HP、最大3.9GHzのクアッドコアA10-7800搭載デスクトップPC「HP Pavilion 500-310jp」

※2014年9月17日に後継の2014年冬モデル『HP Pavilion 500-430jp/CTicon』が、発売されました。
日本HPの魅力『東京生産』となり、フルカスタマイズにも対応します。


日本HPは、「HP Pavilion 500-310jp」を発売します。
icon icon
HP Pavilion 500-310jp icon

HP Pavilion 500-310jpの特徴
・AMDの最新 APU、クアッドコアモデルの A10-7800を採用
・AMD ターボコア機能により、最大3.9GHzの高い処理速度を実現
・画質向上機能がさらに進化した新しいRadeon R7 グラフィックス
・ピアノブラック筐体に、シルバーとコントラストが映える左右非対称デザインを採用
・操作性と使いやすさに配慮したデザインを採用

レビュー
AMD APUを搭載するデスクトップPCです。

2014年夏新登場の「HP Pavilion 500-310jp」は、主流のインテルCPUではなく、AMD社のAPUを搭載するモデルです。

『310jp』が搭載する最新のA10-7800(第4世代Kaveri)は、4コア/3.5-3.9GHz/4MB L2キャッシュ、Radeon R7グラフィックスなどとなります。

なお、価格の安い『305jp』も同ページで紹介されていますが(8/26時点)、A10-6700は、第3世代AシリーズAPU(Richland)となり、前世代のため性能も劣ります。

詳細・購入はこちら
HP Pavilion 500-310jp icon